テーマ:特許

特許の拒絶理由(1)新規性

特許の代表的な拒絶理由に「新規性(特許法29条1項)」があります。 条文はそれほど分かりにくくないので、そのまま紹介します。 「第二十九条 産業上利用することができる発明をした者は、次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることができる。 一 特許出願前に日本国内又は外国において公然知られた発明 二 特許出願前に日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許出願の費用と時間

特許出願にどれくらいの費用と時間がかかるかについて手続の流れに沿って解説いたします。 事務所費用・時間は弊所の場合です。 特許庁の費用は2018年4月1日現在の料金です。 特許庁のアクション待ち時間は特許行政年次報告書の記載や私の実績から割り出した平均的な時間です。 費用例は、 書類(願書、明細書、特許請求の範囲、要約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許になるモノならないモノその2

「これは特許になりますか?」は、弁理士が良く受ける質問の一つです。 これに対する答えは (1)そもそも特許の対象になるかどうか (2)特許の対象になるとして新規性・進歩性などの条件を備えているか の二つの面から検討する必要があります。 (1)については、「その1」をご覧ください。 (1)の条件をクリアしたとしても、特許を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許になるモノならないモノその1

「これは特許になりますか?」は、弁理士が良く受ける質問の一つです。 これに対する答えは (1)そもそも特許の対象になるかどうか (2)特許の対象になるとして新規性・進歩性などの条件を備えているか の二つの面から検討する必要があります。 この記事では(1)特許の対象となるかどうかについて説明します。 特許法2条には「発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許出願を依頼するタイミング

この記事では、特許事務所に出願を依頼するタイミングについて解説します。 新しい製品や方法ができあがる過程は様々あろうとかと思いますが、典型的には次のようなると思います。 (1)課題(問題点、要望)を認識する。 (2)課題を解決する手段を理詰めで、あるいは試行錯誤して見つける。 (3)細部を設計して製品化・実用化する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許・実用新案のご依頼方法

ご依頼にあたってどのような情報が必要かという観点からは、特許と実用新案実用新案はほぼ同じですので、 以下「特許」とだけ書きますが、実用新案の場合も同様です。 最も簡単なのは、「特許出願を検討しているので相談したい」とご一報いただくことです。 佐藤陽特許事務所 弁理士 佐藤陽 発明の概要をうかがい、弊所でお引き受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more