特許になるモノならないモノその1

「これは特許になりますか?」は、弁理士が良く受ける質問の一つです。
これに対する答えは
(1)そもそも特許の対象になるかどうか
(2)特許の対象になるとして新規性・進歩性などの条件を備えているか
の二つの面から検討する必要があります。

この記事では(1)特許の対象となるかどうかについて説明します。

特許法2条には「発明」の定義として、
「この法律で『発明』とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。」
とあります。(この記事では「発明」という言葉はこの意味で使います。)

普通の用語としては、「発明」の中に「新しい」が含まれているように思いますが上記の定義の中にはありません。新しいかどうかは(2)の問題となります。

この定義に当てはまることが特許を受ける前提条件となるわけですが、分かりにくいと思われますので、具体的な例の発明該当性を以下に書きます。

○ 発明に該当する
× 発明に該当しない
△ 条件付きで発明に該当する

注意していただきたいのは、通常は「発明」と呼ばれるものでも特許法にいう発明には該当しない、したがって特許を受けることができない、ものがあることです。


機械・道具など形のある「物」 ○

薬品、化学物質、材料など化学式や組成で特定される「物質」 ○

上記のような物や物質を作る方法 ○

機械やコンピュータの制御方法 ○

測定・計測方法 ○

栽培方法、飼育方法など ○

コンピュータプログラム ○ 

電子的なデータ △
 データそのもの(たとえば電話帳データ)は基本的に発明にはなりません。
 ただし、データ構造に特徴があれば発明となります。

数式、科学法則 ×

人為的な取り決め ×
 楽してお金を儲ける方法、第一印象を良くする方法など人の行動の仕方に関するもの

ビジネスモデルそのもの ×
 ただし、コンピュータプログラムや情報処理システムとして表現すれば発明となる場合があります。

ゲーム ×
 まったく新しいゲームでも、既知の道具を使う新しいゲーム(たとえばトランプの新しいゲーム)でもゲーム自体(ゲームのルール)は発明になりません。
 ただし、コンピュータプログラムやゲーム機として表現すれば発明となる場合があります。

スポーツ、スポーツの技 ×

天然のもの ×
 動植物の新種、天然水など

音楽や詩などの新しい形式 ×

キャラクター ×
 キャラクターグッズは意匠、キャラクターの絵は商標の対象となりますが、キャラークター自体は特許・意匠・商標どれの対象にもなりません。

以上、思いつくままに挙げてみましたが、上記以外で「これはどっち?」と思われるものがありましたらお問い合わせください。
また、さらに詳しくお知りになりたい方は下記をご参照ください。
特許庁 特許・実用新案審査基準



 







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック